購入者の声カンボジア

【カンボジア不動産】ドルベースのカンボジアは非常に良いマーケット

【カンボジア不動産】ドルベースのカンボジアは非常に良いマーケット
クレディ・テック株式会社 代表の村上年範さんにお話を伺いました。
2016年にカンボジアの不動産をご購入いただきまして

「いくつか買ってどうだった?」 「お手間はかかってる?」

などリアルなお話を聞いていきたいと思います。

 

 

 

1. なぜカンボジア不動産を購入したのでしょうか?

 

私は元々外資系の保険屋さんだったんですよね。外資系の保険屋さんは保険だけ知っていていてはだめで、他の金融商品も強くなろうと言われます。

そこで投資を考えた時に不動産は切っても切れなくて、国内国外と色々ある中で海外を考えたときに、カンボジアは非常に良いマーケットだなと思って杏奈さんに問い合わせをして、現地まで行って購入したといったような流れでした。

 

初めは好奇心ですかね。その頃は30代で、海外に投資しているってちょっとかっこいいですよね。モテそうだなというのがきっかけです。

 

 

 

2. カンボジア不動産を購入するにあたって、恐怖とかリスクは感じましたか?

 

全くありませんでした。なぜかというと、不動産を買う前にシンガポールで銀行口座も作ったし、証券口座も作ったんですよ。

なので、その時点で海外の金融というものには触れてたし、実際シンガポールだったので日本に送金できないなどの問題は起こらなく、僕の中で東南アジアというものが開けました。

 

けど、シンガポールの通貨はシンガポールドルで結局為替の影響を受けるんですよ。

 

東南アジアで考えたら、ドルベースのカンボジアが魅力的だったといったところがあるので、その通貨がなんですかっていうのが1番のポイントだったと思っていて、買うにあたってびびることはなかったですかね。

 

 

 

3. 外国口座について

 

(1) シンガポールの口座は簡単に開設できましたか?

もともと日本にHSBCという商業銀行を主体とするセカイ最大級のメガバンクの口座を持ってて、HSBCが日本を閉めるとなったときに日本にあったお金をどこかに移さなくてはいけなくて、シンガポールを選びました。ただ、めちゃくちゃ使い勝手が悪いんですよね。ミニマムデポジットがまあまあ高くて、700万円くらいのお金がロックされて、引き出せない状態だったのでシンガポールの銀行に口座を作って全て移しました。

いきなり地元の銀行に行って銀行口座開けてくださいではなくて、もともとシンガポールに口座があって、その資金を移し変えるんですっていう立て付けがあったからまあ大丈夫でした。

 

 

あとは、現地のシンガポールの証券会社に日本人のスタッフがいらっしゃって、その彼と結構仲良しで、彼のサポートもあったので割と簡単でした。その地元の銀行の口座を作って、そのあと日本人スタッフがいるところの証券会社の口座を作り、これで外貨が運用できる環境が整ったという感じでした。

 

 

 

(2) カンボジアでご購入いただいた時は遠隔で送金されましたか?現地に行きましたか?

あの時はシンガポールに行ってますね。行って送ってると思います。

 

 

 

4. 不動産の比較

 

(1) 国内の不動産と比較はされましたか?

西麻布と福岡に持っていたのかな。ただ、日本の不動産の何がいいかって結局融資が受けられて下馬が効きますよねとか。今では考えられないけど、昔は融資が100%受けられたり、オーバーローンがありました。なので結構手軽に手を出したというところがありますよね。

 

 

その時は不動産無知だったのでオーバーローンとか、今考えるとめっちゃ怖い話ですけど、だからそこは無知のまんまやってしまってました。それでプラスアルファ海外に行こうといったような流れかなという感じですかね。

 

 

 

(2) 他国の不動産は検討されましたか?

東南アジアは一応見ましたけど通貨が…。さっきも言ったように通貨なんですよ。フィリピンとかマレーシアとか、当時結構マレーシア流行ってたんですよね。でもその時マレーシアは通貨が弱くなっていました。

だから結構キャピタルゲインでも、通貨でロスするみたいな感じがあったので、やっぱ通貨大事だよねみたいな話になりました。

 

 

やっぱ東南アジアって不安定みたいなイメージあるじゃないですか。政局もそうだし、インフラとかも割と整ってなかったりとか、あんまり便利じゃないとかいうふうに考えると、シンガポールに拠点を置いてその周りのドル建てで、買えるところってなるとカンボジアしかない。なので、一択でした。

 

 

 

5. 購入後のお手間などはいかがですか?

 

普通にシンガポールの口座に着金されている。四半期ごとにレポートを出していただいて、着金しているので全く問題ないです。

 

あと、開発会社がコロナの時に、ボランティアでマスクを手配してくれたりとかしたじゃないですか。

ああいうことができる会社だから、投資家に向けて悪いことしないなみたいなところの印象が非常に強かったです。

しょっちゅうコミュニケーションをしてくれなくてもいいんですけど、来日されてた時とか、緊急事態が起こってる時に何かしらアクションをしていただけるところが委託先と考えると安心感がかなりありますよね。

 

 
 

6. まとめ

 

たくさんの質問に答えていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

購入のきっかけ、購入後の手間など、村上さんのリアルなお声ですので、ぜひご検討いただいている方の参考になれば幸いです。ご相談などお気軽にお問い合わせください!

 

 

 

村上様とのYouTube動画もございますので、ぜひご覧くださいませ。

 

 

 

アンナアドバイザーズ株式会社(Anna Advisors Co.,Ltd)
アンナアドバイザーズ株式会社(Anna Advisors Co.,Ltd)
東京とカンボジアの首都プノンペンに拠点のある不動産会社です。
2013年から海外不動産投資物件のお取扱いをしており、海外不動産投資仲介、管理、清掃、転売などを手がけています。
国内や米国、東南アジア諸国のお取り扱いをもしております。
不動産を購入・売却するという取り引きは人生の中でもそう何度もあることでなく、しかもその物件がお客様とはあまり馴染みのない海外ということになりますと、不安を感じる方もいらっしゃいます。
当社は常に顧客の立場を考え続けて、皆様の取り引きが安全かつ確実に行われるようにアドバイスいたします。

また、購入いただいた物件につきましては当社の日本人スタッフにより管理されますし、現地の情報に関してもスタッフからダイレクトに皆様に届きますので、安心てご利用いただくことができるのも、当社の強みです。

関連記事

【アメリカ不動産】満足行く取引が出来ています
【アメリカ不動産】満足行く取引が出来ています
株式会社リード・リアルエステート 代表取締役の長原英司さんに「アメリカ不動産投資を購入しようと思った理由」をインタビューさせていただきました。...
【カンボジア不動産】信頼できるエージェントに出会えました
【カンボジア不動産】信頼できるエージェントに出会えました
自身も不動産投資についてのサイトを運営している「八木チエ」さんにお越しいただいて、カンボジアの物件を実際に購入した理由や感じたことをお聞きしました。...
【カンボジア不動産】ドルベースのカンボジアは非常に良いマーケット
【カンボジア不動産】ドルベースのカンボジアは非常に良いマーケット
クレディ・テック株式会社 代表の村上年範さんにお話を伺いました。 2016年にカンボジアの不動産をご購入いただきまして 「いくつか買ってどうだった?」 ...