ベトナム不動産

株式会社地球と不動産

株式会社地球と不動産

 

 

1. 株式会社地球と不動産について

 

株式会社地球と不動産はベトナム不動産に特化している会社です。

 

ベトナムでは2015年7月に外国人所有権が解禁されましたが、弊社は解禁当初からベトナム不動産の取り扱いをしている数少ない会社です。

 

解禁当初から取り扱いをしているので、ベトナム不動産の販売実績や経験は豊富です。販売だけでなく、購入いただいた方の売却サポートもさせていただいており、既に転売の実績も増えてきております。購入から売却まで全面的にサポートをさせていただきます。

 

 

 

会社概要

 

株式会社地球と不動産
重盛 竜也
〒136-0071
東京都江東区亀戸5-6-21 4F35
東京都知事(1)104408号
03-5843-1110
03-5843-1122
1st Floor , Blue Star Building , 23 Ton Duc Thang St.,Dist.1, Ho Chi Minh City,Viet Nam
(+84)(28)3824-3288

 

 

2. 地球と不動産のおすすめポイント

 

(1) ベトナム経済の強さ!

コロナ禍で経済成長がマイナスに落ち込んでいる国が多い中、ベトナムは2020年の経済成長率がプラス2.9%でした。これは外国人だよりではなく、ベトナム人だけで経済が成り立っており、非常に内需が強いという事を表しています。

 

 

 

(2) ベトナム人の購買意欲の高さ!

ベトナム人をイメージすると不動産を購入できるほど、資金を持っている人は少ないと思われている方が多くいらっしゃいますが、日本人がイメージしているよりもベトナム人の富裕層の数は多いです。一番象徴的だったのが、ミッドタウン(野村不動産、大和ハウス工業、住友林業の共同プロジェクト)の販売です。

 

第一期販売で約300戸を売り出したのに対し、申込件数は1500件でした。そのうち、9割がベトナム人でした。驚くべきはその金額で日本円で一戸あたり約2200万円から約4000万円ぐらいの販売価格です。この金額でもベトナム人はキャッシュで購入している人がほとんどです。これは将来の出口を考えた際に、ベトナム人をターゲットにできるという事ですので、非常に重要なポイントです。

 

 

 

(3) 外国人規制による外国人が有利なマーケット!

ベトナムでは外国人規制によりコンドミニアムの中でも最大3割までしか外国人が購入する事ができません。また、外国人が中古物件を購入する場合、外国人からしか購入する事ができません。

これにより、外国人住戸に希少性があり、ベトナム人が所有している部屋よりも外国人が所有している部屋の方が高く売買されております。

 

 

 

 

3. 地球と不動産のメディア掲載情報

 

・幻冬舎GOLD ONLINE

重盛代表の連載記事になります。

連載では、いよいよ始動するベトナム不動産のマーケットの最新情報をご紹介しています。

 

掲載記事:外国人の所有が解禁 「ベトナム不動産」の最新事情

 

 

 

 

4. 地球と不動産の担当者からのメッセージ

 

ベトナムに行かれた事のない方はベトナム不動産と聞いてもピンとこないかもしれませんが、マーケットはアジアの中でも非常に良く、毎年約10%の値上がりを続けているのがホーチミンです。まだまだチャンスのあるマーケットですので、この機会にぜひご検討いただければと思います。

 

 

株式会社地球と不動産
株式会社地球と不動産(Chikyu to Fudosan Inc.)
地球と不動産はベトナム不動産に特化している会社です。
ベトナムでは2015年7月に外国人所有権が解禁されましたが、弊社は解禁当初からベトナム不動産の取り扱いをしている数少ない会社です。解禁当初から取り扱いをしているので、ベトナム不動産の販売実績や経験は豊富です。

販売だけでなく、購入いただいた方の売却サポートもさせていただいており、既に転売の実績も増えてきております。購入から売却まで全面的にサポートをさせていただきます。
お客様の大切な資産を護るべく、「誠実」と「法令遵守」を何よりも優先させて考えると言う企業理念のもと、誠意をもって事業に取り組んでいきます。