投資

NFTが不動産に及ぼす影響とは?NFTとメタバースの関係性も解説

NFTが不動産に及ぼす影響とは?NFTとメタバースの関係性も解説
NFTという名前を聞いたことがあっても、内容はよく知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
NFTは画像や音楽、絵画などアートを始め、現実の不動産やメタバースにも影響を及ぼしていると言われています。

そこで今回はNFTの概要と、NFTが不動産にどのような影響を及ぼしているのか、NFTとメタバースの関係性などについて解説します。
NFTと不動産の関係性やメタバースについて知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

 

1. NFTとは


NFTという名前は聞いたことがあっても、内容はいまいち分からないという方も多いのではないでしょうか。
こちらの章ではNFTの特徴や仕組みについて解説します。

 

 

 

 

(1) NFTの特徴

NFTは「Non Fungible Token」の略で、非代替性トークンと言います。最大の特徴は、唯一無二の価値が証明されている点だと言えます。


たとえば現金の場合、所有の証明がないので、見ただけでは誰のものか分かりません。
仮想通貨についても同様に、データ上で誰が所有しているのかの証明がないので盗まれるリスクが潜んでいます。
一方NFTには証明があるので、誰が所有しているのかが明確で、盗難などの心配もありません。

 

 

 

(2) ブロックチェーンによる証明

NFTが唯一無二の証明を持つという特徴は、どのような仕組みによって成り立っているのでしょうか。
NFTはブロックチェーンの仕組みにより、唯一無二の価値を証明されています。


ブロックチェーンとは高度な暗号化技術によって1つのブロックにまとめて記録した取引を鎖のようにつないでいく仕組みです。
ブロックチェーンの技術をNFTへ応用することによって、唯一無二の価値を証明することができています。

 

 

 

(3) NFT化が進んでいるコンテンツ

実際にNFT化が進んでいるコンテンツは、主にアートや音楽、ゲームやメタバース上の土地などがあります。
今までのデジタル上のコンテンツは簡単にコピーができる状態であったため、価値が生まれにくいものでした。


しかし、NFTの登場によって唯一無二の価値を証明することができるようになり、デジタル資産の価値が高まりました。
デジタル資産の価値が高まったことにより、NFTはアートや音楽、ファッションや不動産など様々な分野へ影響を及ぼすようになりました。

 

 

 

 

2. NFTが現実の不動産に及ぼす影響


次に、NFTが現実の不動産に及ぼす3つの影響を解説します。

 

 

 

(1) 不動産所有権のトークン化

NFTが現実の不動産に及ぼす影響のひとつに、不動産の所有権をトークン化することが挙げられます。
トークン化とは、ブロックチェーンの仕組みを使用し、資産を売買可能なデジタルの単位に変換することを言います。
資産をトークン化することによって、ネット上で売買取引に参加できるようになります。


不動産売買の取引においては、書類への押印、役所や銀行機関への訪問、立ち会いなど、多くの手続きが必要ですが、NFTで不動産の所有権をトークン化することによって、トークンを購入するだけで不動産を所有することができるようになります。
不動産売買の取引がブロックチェーンに記録されており、情報の改ざんができない点でセキュリティーも安心です。
今までの不動産取引を簡素化してくれるメリットが大きいと言えるでしょう。

 

 

 

(2) 契約の簡素化

2-(1)で述べたように、NFTによって不動産の所有権がトークン化されることによって、不動産売買取引が簡易になりました。
所有権がトークン化されることによって、本来の書類への押印や、公的な書類を役所で取得するなど、契約に関する手続きが一気に簡素化されました。

 

 

 

(3) 海外不動産の購入が容易になる

不動産の所有権がトークン化されると契約が簡素化されることは既に述べましたが、海外の不動産売買取引においても同様に購入が容易になります。
日本では不動産に関する法律が整備されていますが、海外だと不動産登記や税金に関する仕組みが不十分な国もあるので、トークンを利用することで安心して取引を行うことができます。


両替や、送金手数料が不要となることにより、海外の不動産を購入するハードルも下がると言えます。

 

 

 

 

3. NFTとメタバースの関係性


次に、NFTとメタバースの関係性について解説していきます。

 

 

 

(1) メタバースとは

メタバースとは「超(meta)」と「宇宙(universe)」を組み合わせた造語で、簡単に言うと仮想空間のことです。
人々がアバターを介して仮想空間で会話をしたり仕事をしたり、物を売買したりできます。

 

 

 

(2) NFTとメタバースの関係性

NFTは今後のメタバースの発展において重要な要素と言われています。
NFTによって所有権を限定されたデジタル資産には、現実世界での1点もののアート商品のように、限定性という概念が生まれます。
NFTによって所有権を限定されたデジタル資産はメタバースとの相性が良く、仮想空間においても現実世界のような商品売買の取引が行われるようになるのではと考えられます。


メタバース上の所有物や土地がNFTでトークン化されることにより、仮想空間内で個人間の売買が行われるようになります。
このように、現実世界と同様の取引が、今後メタバース上でNFTがあることによって行われるのではないかと予測され、様々なビジネスが生まれてくるでしょう。

 

 

 

 

4. 実際にメタバースで取引されている不動産3選


NFTでトークン化された土地は売買することができます。
最後に、実際にメタバースで取引されている不動産3選をご紹介します。

 

 

 

(1) The Sand Box(サンドボックス)

参照元URL:https://thesandboxjp.medium.com/

The Sand boxは、メタバース内でキャラクターを操作して遊びます。
The Sand box内の土地はLANDといって、SANDというメタバース内の専用通貨で購入するこができます。

 

 

 

(2) Cryptovoxels(クリプトボクセル)

参照元URL:https://www.cryptovoxels.com/

Cryptovoxelsは誰でも簡単に編集ができる世界として開発されたメタバースです。
Origin Cityと呼ばれる都市で仮想土地を購入すると、店舗やギャラリー、家を建てることができます。
すでにNFTアートのアーティストがギャラリーをオープンしているので、土地を持っていなくても街を探索してみて、メタバースについて知ってみるのもいいでしょう。

 

 

 

(3) Decentraland(ディセントラランド)

参照元URL:https://decentraland.org/

Decentralandは、広大な仮想空間を探索したりゲームをしたりして遊ぶことのできるメタバースです。
Decentralandはブロックチェーンの仕組みを利用し、仮想空間内のアバターやアイテム、土地などあらゆるものがトークンかされている点で他のメタバースとは異なっています。
Decentraland内では専用の通貨であるMANAが使用されています。

 

 

 

 

5. まとめ


今回はNFTの概要と、NFTが不動産に及ぼす影響、NFTとメタバースの関係性などについて解説しました。
NFTの不動産への活用や、メタバース内の不動産売買は、まだ始まったばかりの技術ですが、今後の生活に重要な役割をもつようになると予測されます。


またメタバースは投資をしたいと考えている方にとっても魅力的です。
NFTを知らなかった人も、知っていたけれど活用できていなかった方も、ぜひこの記事をきっかけにその魅力を知ってもらえたら嬉しいです。

 

 

執筆者:荒木 杏奈
Asset Ocean株式会社
海外不動産をもっと身近に感じてもらうための、海外不動産投資・賃貸情報のプラットフォームです。
Asset Oceanが根本的に解決を目指す課題は、海外不動産投資のハードルを下げ、市場を活性化させることです。

関連記事

海外不動産投資で成功するには?おさえておくべき5つのポイント
海外不動産投資で成功するには?おさえておくべき5つのポイント
最近では、先進国のアメリカからはじめ、経済成長が著しい東南アジアなどの諸国の不動産投資に注目が集まっています。 しかし、外的リスクや融資の難しさなど、興味はあ...
信頼できる海外不動産販売会社の選び方は?販売実績豊富な販売会社5選
信頼できる海外不動産販売会社の選び方は?販売実績豊富な販売会社5選
海外不動産の販売会社の選び方でお悩みの方も多いでしょう。特に海外の不動産を取り扱っていることから、信頼できる不動産販売会社を選ぶことは成敗に大きく関わってきます...
【2022最新版】海外不動産投資で融資できる国内銀行7選!商品ラインまとめ
【2022最新版】海外不動産投資で融資できる国内銀行7選!商品ラインまとめ
将来性が期待できる海外不動産投資ですが、投資にあたって大きな課題となるのは資金調達です。特に物価の高い先進国への投資は、ローンの利用が不可欠と言ってもいいでしょ...