資産運用リスク

仮想通貨で不動産が購入できる?3つのメリットと購入方法を解説

仮想通貨で不動産が購入できる?3つのメリットと購入方法を解説
仮想通貨で儲かっているけれど、税金があまり高いことから、利益確定するより今保有している仮想通貨から不動産購入を検討されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
結論から申し上げますと、仮想通貨で不動産購入ができます。しかし、メリットもあればデメリットもあります。

今回は仮想通貨の概要と、仮想通貨で不動産を購入する3つのメリット・リスク、実際に仮想通貨で不動産を購入する時の流れについて解説します。
既に保有していて仮想通貨で不動産購入を検討されている方は、ぜひ最後までお読みください。

 

1. 仮想通貨とは?


仮想通貨という言葉を聞いたことがあっても、具体的な内容は知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
仮想通貨とはそもそも何なのか、仮想通貨の特徴について解説していきます。

 

 

(1) 仮想通貨について

仮想通貨とは、電子データのみで取引される現物のない通貨のことで暗号資産とも呼ばれます。
仮想通貨は法定通貨ではないため国の保証がありませんが、以下のようなメリットもあります。

 

• 世界共通の単位
仮想通貨は世界中で単一の単位であるため、両替をする必要がありません。

 

• 個人間での送金が可能
仮想通貨は海外に送金する際に銀行などの金融機関を介さずに直接個人へ送金することが可能です。

 

• 手数料が安い
仮想通貨は個人間での取引が可能なので、金融機関に支払う手数料を省くことができ、無料または安い手数料で取引することができます。

 

 

 

(2) ブロックチェーンという仕組みで管理される

上記で述べたように、仮想通貨には国による保証がありません。
そのため、仮想通貨はブロックチェーンという仕組みを利用して管理されています。


ブロックチェーンとは、高度な暗号化技術によって1つのブロックにまとめて記録した取引を、鎖のようにつないでいく技術です。
鎖のようにつながれた取引はすべて公開されるので、ブロックチェーンにより不正な取引を防止することができます。
ブロックチェーンの仕組みはネット送金や決済に用いられており、世界中で仮想通貨の売買を可能にしています。

 

 

 

(3) 不動産が購入できる仮想通貨は?

仮想通貨で不動産が購入できるようになりましたが、現時点で不動産の購入ができる仮想通貨は、ビットコインとイーサリアムの2種類です。


ビットコインは、もっとも古くからある仮想通貨であり、一時的に下落することはあっても現在まで値上がりを続けており、時価総額も高いです。
そのため、不動産会社においても仮想通貨による決済を導入する際にビットコインから始めることが多いと言えます。

 

 

図1:ビットコインの対ドル相場の推移
(出典元URL:https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/customs_foreign_exchange/sub-foreign_exchange/gai20210129_03.pdf

 

 

 

不動産の購入に使用できるもうひとつの仮想通貨は、イーサリアムです。
イーサリアムはビットコインと比較すると、まだ発展途上ですが、最近では、イーサリアムの時価総額が上がり続けており、ビットコインよりも手軽な価格で投資できる仮想通貨として人気を集めています。

 

 

図2:イーサリアム価格の推移
(出典元URL:https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/customs_foreign_exchange/sub-foreign_exchange/gai20210129_03.pdf

 

 

 

 

2. 仮想通貨で不動産購入をする3つのメリット


次に仮想通貨で不動産購入をする3つのメリットを解説します。

 

 

(1) リスクの分散になる

仮想通貨のみを保有しているよりも、仮想通貨取引で出た含み益を不動産の購入にあてることで、資産を分散することができます。
なぜなら不動産は価格変動のリスクを軽減できるからです。
仮想通貨は価格の変動が激しく、暴落した場合大きな損失となってしまうので、仮想通貨以外にも分散して投資するようにしましょう。

 

 

 

(2) 契約が簡素化できる

不動産を融資で購入する場合、書類を取得したり金融機関を訪問したりと、多くの手続きが必要です。
一方、仮想通貨を不動産の購入で利用すると、契約に関する様々な手順を省くことができます。
そのため、不動産購入をできる限り簡単にしたいと考える人にとっては、仮想通貨を利用して不動産を購入することは手間を省くメリットがあると言えるでしょう。

 

 

 

(3) 両替の必要がなく海外不動産を購入しやすい

仮想通貨を不動産購入に利用することで、海外の不動産を購入しやすくなります。
一般的に海外不動産を購入する場合、その国の通貨に両替する必要がありますが、仮想通貨で購入する場合は両替が不要なうえに、為替の手数料もなくなるというメリットがあります。

 

 

 

 

3. 仮想通貨で不動産購入をする3つのリスク

 

続きまして、仮想通貨で不動産購入をする際の3つのリスクを解説します。

 

 

(1) 通貨の価格変動がある

仮想通貨は1-(3)でみたように価格の変動が大きく、損失が発生する可能性があります。
短期間でも価格が大きく変動するため、損失を抱えてしまうというリスクには注意が必要です。

 

 

 

(2) 法律や税金が今後変わる可能性がある

仮想通貨は依然として日本では普及していないため、税金や取引において明確な法律等がまだ定まっていません。
そのため納税漏れ等を防ぐためにも、仮想通貨で取引を行う際は税理士や弁護士などの専門家へ相談することがおすすめです。

 

 

 

(3) 詐欺案件が紛れている場合がある

仮想通貨での不動産購入を行う際は詐欺案件に注意してください。
仮想通貨取引で成功した人がいることを知られている中、魅力的な言葉で言いよってこられる可能性もあります。
契約する前には専門家に相談するなど、よく検討したうえで契約しましょう。

 

 

 

 

4. 仮想通貨で不動産を購入する方法

 

最後に仮想通貨で不動産を購入する方法をご紹介します。

 

 

(1) 仮想通貨で不動産を購入できるサービス2種

現在、仮想通貨で不動産を購入できるサービスを提供しているのは以下の2つです。

 

 

ヘヤジンコイン
仮想通貨で不動産売買ができるサービスのひとつは、イタンジ株式会社が運営するヘヤジンコインです。
ヘヤジンコインで使用できる仮想通貨はビットコインのみです。

ヘヤジンコインは2018年に開始したサービスで、不動産の売買だけでなく、仲介手数料などの経費についてもビットコインで決済することができます。
不動産の価格がビットコインの時価で表記されているので、どれくらいのビットコインで購入できるのかの判断がしやすくなっています。

 

 

イエリーチBTC決済
イエリーチBTC決済は2021年に開始したサービスです。
不動産売買の取引をビットコインで決済できるシステムになっています。
イエリーチBTC決済で購入したい不動産を決めたら、システムから発行されるQRコードを読み込むだけでビットコインを送金することができます。

 

 

 

(2) 購入の流れ

仮想通貨で不動産の購入する際の実際の流れは以下の通りです。

 

 

①購入できる業者に問い合わせる
ビットコインにて不動産購入ができる業者に問い合わせします。

 

②不動産売買契約を結ぶ
購入する不動産が決まったら不動産売買契約を結びます。

 

③仮想通貨での支払い
保有する仮想通貨の口座から、仲介業者の決済アドレスまで送金します。

 

④不動産売買契約が成立
入金確認ができましたら、不動産売買契約が成立します。

 

 

 

 

5. まとめ

 

今回は仮想通貨の概要と、仮想通貨で不動産を購入する3つのメリット・リスク、実際に仮想通貨で不動産を購入するについて解説してきました。
仮想通貨で不動産を購入することでリスク分散や取引の簡素化などのメリットがある一方、仮想通貨の価格変動や、まだ法整備が整っていないことなどのリスクもあります。
リスクも念頭に置いたうえで、仮想通貨で不動産を購入することを検討してください。

 

 

 

 

【参考サイト】

経済のデジタル化がもたらす国際金融上の課題・対応(京都大学公共政策大学院)

 

 

執筆者:荒木 杏奈
Asset Ocean株式会社
海外不動産をもっと身近に感じてもらうための、海外不動産投資・賃貸情報のプラットフォームです。
Asset Oceanが根本的に解決を目指す課題は、海外不動産投資のハードルを下げ、市場を活性化させることです。

関連記事

海外不動産投資で成功するには?おさえておくべき5つのポイント
海外不動産投資で成功するには?おさえておくべき5つのポイント
最近では、先進国のアメリカからはじめ、経済成長が著しい東南アジアなどの諸国の不動産投資に注目が集まっています。 しかし、外的リスクや融資の難しさなど、興味はあ...
信頼できる海外不動産販売会社の選び方は?販売実績豊富な販売会社5選
信頼できる海外不動産販売会社の選び方は?販売実績豊富な販売会社5選
海外不動産の販売会社の選び方でお悩みの方も多いでしょう。特に海外の不動産を取り扱っていることから、信頼できる不動産販売会社を選ぶことは成敗に大きく関わってきます...
【2022最新版】海外不動産投資で融資できる国内銀行7選!商品ラインまとめ
【2022最新版】海外不動産投資で融資できる国内銀行7選!商品ラインまとめ
将来性が期待できる海外不動産投資ですが、投資にあたって大きな課題となるのは資金調達です。特に物価の高い先進国への投資は、ローンの利用が不可欠と言ってもいいでしょ...