投資リスクアメリカ

ハワイでの不動産投資の特徴や成功するためのコツをわかりやすく説明します!

ハワイでの不動産投資の特徴や成功するためのコツをわかりやすく説明します!
「ハワイの不動産の特徴を知りたい」
「ハワイで不動産投資をするときのポイントを知りたい」

ハワイで不動産投資を考えている方の中には、上記のような疑問を持たれている方は多いでしょう。海外不動産投資の中でもハワイは不動産市場が安定しており、日本の金融機関から融資を受けることも出来るため、日本人が投資をしやすい環境です。ただし、ハワイの不動産投資はホテル運用が制限されているなどの注意もあります。

そのため、ハワイの不動産投資についてよく理解をしておくことが重要です。この記事ではハワイの不動産のメリットデメリットや不動産投資で成功するためのポイント、失敗事例などについて詳しく解説していきますので、参考にしていただければ幸いです。

 

1. ハワイで不動産投資をする際のメリット

 

 

ハワイで不動産投資をするメリットは以下の4つです。

 

(1)ハワイの不動産市場は安定しているため値崩れしない

(2)中古物件の需要が高い

(3)日本の銀行でローンが組める

(4)日本人のエージェントが見つけやすい

 

それぞれについて説明していきます。

 

 

(1)ハワイの不動産市場は安定しているため値崩れしない

ハワイは世界有数のリゾート地であるため、世界中の投資家や富裕層から注目されています。それに伴い不動産需要が常にあるため、不動産価格も値崩れしにくいです。また、治安も良いため今後不動産需要が上がることはあっても、下がりにくいと言えるでしょう。

 

 

(2)中古物件の需要が高い

ハワイの不動産市場で取引されている多くの物件は中古です。前述したようにハワイの不動産需要は常にあるため、中古物件でも立地などの条件がよければ価格があまり下がりません。築年数がかなり経過している物件でも高い価値を保持していることは珍しくないのです。

 

 

(3)日本の銀行でローンが組める

ハワイの不動産を購入する場合、国内の金融機関から融資を受けることが可能です。例えば、SBJ銀行にはハワイのホノルルにある不動産を購入するときに利用出来る商品が用意されています。

 

参考資料:SBJ銀行

 

 

他にも、東京スター銀行でもハワイの不動産を担保にすることで融資を受けることが可能です。

 

参考資料:東京スター銀行

 

 

(4)日本人のエージェントが見つけやすい

ハワイには多くの日本人が住んでおり、現地で不動産業をしている日本人も多いです。そのため、他国の不動産投資と比較して、日本語で対応出来るエージェントが簡単に見つかります。ただし、中には悪質な不動産会社もあるため、取引実績、返信のスピードなどで比較検討するようにしてください。

 

 

 

 

2. ハワイで不動産投資をする際のデメリット

 

ハワイで不動産投資をするときのデメリットは以下の4つです。

 

(1)利回りが低い

(2)バケーションレンタルを検討しているなら注意が必要である

(3)ハリケーンや火山などによる災害のリスクがある

(4)築古物件が多くメンテナンス費用が高い

 

それぞれについて説明していきます。

 

 

(1)利回りが低い

ハワイは前述したように常に不動産需要があるため、不動産価格は高額です。さらに、不動産市場が安定しているため、不動産価格の暴落や高騰が起きる可能性は高くありません。そのため、安定した利益を望むことが出来る一方で、利回りがあまり高くありません。

 

 

(2)バケーションレンタルを検討しているなら注意が必要

世界有数のリゾート地であるため、バケーションレンタルと言われるホテル運用を考える方は少なくありません。しかし、ハワイは条例によってホテル運用が出来るエリアがワイキキの一部エリアに限定されています。そのため、ホテル運用を考えている方はエージェントに相談するようにしてください。

 

 

(3)ハリケーンや火山などによる災害のリスクがある

ハワイは火山があるうえに、ハリケーンも発生するため、水害や風害などに注意する必要があります。とはいえ、アメリカ本土や日本と比較すると災害は多くないため、過度の心配はいらないでしょう。

 

 

(4)築古物件が多くメンテナンス費用が高い

前述したようにハワイの物件は中古物件が多いです。そのため、新築物件と比べると設備や建物の修繕費が掛かります。将来的に多額の修繕費が必要になるケースもあるため、自己資金には余裕を持つことが重要です。

 

 

 

 

3. ハワイで不動産投資を成功するためのポイント

 

 

ハワイの不動産投資で成功するためのポイントは以下の3つです。

 

(1)日本人のエージェントを選ぶ

(2)交通利便性の良いエリアを選ぶ

(3)信頼できる管理会社に管理を依頼する

 

それぞれについて説明していきます。

 

 

(1) 日本人のエージェントを選ぶ

ハワイで不動産投資するときに重要なポイントは、日本人のエージェントを選ぶことになります。日本人のエージェントを選ぶことで言葉の壁がなく、コミュニケーションがスムーズに取れるため、細かなニュアンスなども伝えることができ、スムーズに取引することが出来るためです。

 

 

(2) 交通利便性の良いエリアを選ぶ

ハワイの主な交通手段は車であるため、交通利便性が高いエリアや車庫のある物件が人気です。例えば、一戸建て住宅の場合は車庫の有無で需要が大きくかわります。コンドミニアムの場合でも、近くにバス停がある立地の人気が高いです。このように交通利便性が高いエリアは人気があるため、物件を選ぶ際は交通利便性について確認するようにしてください。

 

 

(3) 信頼できる管理会社に管理を依頼する

ハワイは日本との時差が19時間あるため、管理会社との連絡が取りにくいです。このため、レスポンスが遅く対応に遅れが出る可能性があります。その点、信頼出来る管理会社に管理を依頼していると、緊急の事態が起こっても的確な対処を行なってくれるため安心です。

 

 

 

 

4. ハワイで不動産を購入する手順

 

 

ハワイで不動産を購入する手順は以下の7つです。

 

(1)信頼出来るエージェントを探す

(2)物件を探す

(3)購入の申し込みを行い、条件を交渉する

(4)エスクローをオープンにする

(5)物件をホームインスペクターに調査してもらう

(6)ローン審査が始まる

(7)不動産の所有権が譲渡される

 

手順の4番目にあるエスクローとは、資金や不動産購入前の事務処理を行ってくれる第3者機関になります。エスクロー通して手付金などを行うため、エスクローを開設することが必要です。また、手順の5番目にあるホームインスペクターとは、住宅診断士のことを指します。

 

ハワイでは前述したように中古物件の取引が主流になるため、契約前の物件に瑕疵がないかを判断する住宅診断が重要です。

 

 

 

 

5. ハワイ不動産投資の失敗事例

 

 

ハワイの不動産投資の失敗事例を紹介していきます。

 

 

(1) 修繕費が想像以上に掛かった

ハワイの物件は中古物件が多くあるため、修繕費がかさみ想定していた利回りよりも低くなるケースがあります。対策として中古物件を購入する際は修繕箇所が出てくることを前提にして、資金に余裕を持つようにしてください。

 

 

(2) 物件の管理会社の見極めをミスした

管理会社とのコミュニケーションが出来ず、賃貸管理が上手くいかないケースがあります。ハワイは19時間の時差があるうえに言語の違いがあるので、レスポンスが遅れるなどコミュニケーションが上手くいかないことが多いためです。こういった事態を防ぐための対策として、日本の不動産投資会社や日本人スタッフがいるエージェントを選ぶようにしてください。

 

 

(3) 立地選定が甘く入居者が見つからない

前述したようにハワイで立地を選ぶときのポイントは交通利便性です。交通利便性が良くない立地の物件を購入してしまうと、入居者がなかなか見つかりません。上記のような失敗をしないためにもポイントを踏まえた物件探しが重要です。

 

 

 

 

6. まとめ

 

ハワイの不動産投資は安定性が高く、インカムゲインを得るのに向いているおすすめの投資先になります。ただし、観光客向けのホテル運用は制限されているなど注意点も少なくありません。そのため、ハワイの不動産投資の特徴を良く理解することが重要になります。この記事をハワイで不動産投資を検討する際の参考にして頂けると幸いです。

 

 

執筆者:荒木 杏奈
Asset Ocean株式会社
海外不動産をもっと身近に感じてもらうための、海外不動産投資・賃貸情報のプラットフォームです。
Asset Oceanが根本的に解決を目指す課題は、海外不動産投資のハードルを下げ、市場を活性化させることです。

関連記事

海外不動産投資で成功するには?おさえておくべき5つのポイント
海外不動産投資で成功するには?おさえておくべき5つのポイント
最近では、先進国のアメリカからはじめ、経済成長が著しい東南アジアなどの諸国の不動産投資に注目が集まっています。 しかし、外的リスクや融資の難しさなど、興味はあ...
信頼できる海外不動産販売会社の選び方は?販売実績豊富な販売会社5選
信頼できる海外不動産販売会社の選び方は?販売実績豊富な販売会社5選
海外不動産の販売会社の選び方でお悩みの方も多いでしょう。特に海外の不動産を取り扱っていることから、信頼できる不動産販売会社を選ぶことは成敗に大きく関わってきます...
【2022最新版】海外不動産投資で融資できる国内銀行7選!商品ラインまとめ
【2022最新版】海外不動産投資で融資できる国内銀行7選!商品ラインまとめ
将来性が期待できる海外不動産投資ですが、投資にあたって大きな課題となるのは資金調達です。特に物価の高い先進国への投資は、ローンの利用が不可欠と言ってもいいでしょ...